すぐに、安価に、時間をかけず実践できる「デザインのネタ帳」をつくります。

分かりやすいチラシをつくる7つのチェックポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
151202_2image630x360

すでに実施したチラシをどう評価するか。
もちろん反応率や費用対効果など、定量的な評価方法もありますが、
今回は「分かりやすさ」という定性的な側面で簡単にチェックする方法をお伝えします。

普段、デザインのご相談をいただいたときに使っている
「分かりやすいチラシをつくる7つのチェックポイント」を共有します。

分かりやすいチラシをつくる7つのチェックポイント

□ オモテ面の上部に重要な情報を、わかりやすく、短くまとめていますか?
□ 参加者のメリット(参加する価値)やベネフィット(得られる有益なこと)は書いていますか?
□ 講師に一言説明文は付いていますか?
□ 専門用語は言い換えるか、補足説明をしていますか?
□ 装飾によって文字が読みづらくなっていませんか?
□ 初めての人でも安心させる情報(他者からのお勧め、過去参加者の声など)は入っていますか?
□ 信頼させるような情報(実績、受賞歴、権威のある人からのメッセージなど)は入っていますか?

いかがでしょうか?

このチェックポイントは、私のこれまでの経験だけでなく
NPO向け広報の名著「こうだったのかNPOの広報」のエッセンスをまとめて作成しています。


こうだったのかNPOの広報

この本の紹介はこちらの記事に書いています。

分かりやすさは、参加する方への最初のおもてなし

読み手にとって、少しでも分からないことがあると
それがハードルや障壁となり、壁となって
「なんか違うな」「ちょっと関係ないかも」というように
興味を削がれてしまう要因にもなってしまいます。

チラシを見やすくしたり、分かりやすくすることは、
手料理を食べやすくしたり、美味しくしたりすることに似ています。

つまり、読み手のことを思い浮かべて思いやる心、
疑問や不安を先回りして気を配る優しさが大切なのだと思います。

チラシを分かりやすくすることは、参加する方への最初のおもてなしとも言えますね。

日々、NPOで活動していて、チラシづくりでこんなことを気をつけている、
あるいは、この内容を入れたら好評だった、
そんな実体験はありませんか?
もしあれば、ぜひ教えて下さい。

(写真提供:ペイレスイメージズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はやしだ まさひろ
林田 全弘

2007年からNPOの広報物デザインを開始。
これまでNPOや中間支援組織のパンフレットやロゴ、チラシなど、延べ40団体100件以上の広報物を手がけてきました。

メールマガジン登録はこちら
中間支援組織の皆さんへ

このサイトの広告収入は全て寄付します。
「寄付リエイト」という新しい試みについてはこちら
広告企業一覧


このサイトの広告収入は全て寄付します。
「寄付リエイト」という新しい試みについてはこちら
広告企業一覧