すぐに、安価に、時間をかけず実践できる「デザインのネタ帳」をつくります。

【開催案内】NPO×デザインという生き方 in 東京 2019年7月20日(土)18:15〜20:15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
190603_NPOD190720_920x450

前回は1週間でチケット完売した話題のトークイベントが、東京に帰ってくる!

NPOの広報物デザインに携わる方をゲストに招き、働き方や、制作物にかける信念、生き方そのものを伺うことのできるトークイベント。千代田区にある3331 Arts Chiyodaで開催します。

※前回の様子はこちら
http://design4npo.com/2019/03/11/1183/

今回、お話をしてもらうゲストは3名。
いずれも、数々のNPOの広報物実績をお持ちの方々です。
新井 博子さん (ソーシャルフィルム株式会社
谷 浩明さん (合同会社MACARON
田村 勇気さん (NPO法人1/365

NPOならではの“伝わりにくい”、“難しい”、“誰にも知られていない”、三重苦とも言えるテーマを、どのようにデザインしているか、その秘訣が明らかに!?

普段聞くことのできない話を聞いたり、質問をぶつける機会をどうぞお楽しみに。

・実際にNPOの広報物をデザインされている方
・社会に役立つ広報物のデザインをこれからしたいと思っている方
・NPOの広報業務に関わっている方
に特におすすめです。

NPO×デザインという生き方 in 東京

日 時:2019年7月20日(土)18:15〜20:15(開場 17:45)
場 所:3331 Arts Chiyoda(銀座線末広町駅徒歩1分) GoogleMap
定 員:70名
参加費:2,000円(事前決済・キャンセル不可)
主 催:NPOのためのデザイン、認定NPO法人サービスグラント

※イベント終了後に、サービスグラントのプロボノ簡易説明会も実施します。(要申込)

お申込みはこちらのページからお申し込みをお願いします。
https://design4npo190720.peatix.com
※事前決済は2019年7月20日17時までです。
※コンビニ / ATM でのお支払いは、前日に締め切られます。
※Facebookの「参加する」ボタンではお申し込みになりませんのでご注意ください。

 

●ゲスト プロフィール


新井 博子さん (ソーシャルフィルム株式会社)
http://socialfilm.co.jp
ソーシャルフィルム株式会社 代表取締役。TVCMなどの広告映像を中心とした映像ディレクターを20年以上行っている。東日本大震災をきっかけとして映像専門のプロボノ中間支援団体を設立。2013年から2018年までの5年間、理事長を務め中間支援を約50件実施。2018年サービスグラントとの実質的な事業統合に伴い、映像に関連するクリエイティブ人材が参加しやすい映像プロボノの環境づくりに関わる。同時にいち制作者として動画によるNPOの情報発信支援を積極的に行っている。

【これまでの主な実績】
・NPO法人はぁもにぃ|ソーシャルファームPV
・こども哲学〜アーダコーダのじかん〜|映画
・認定NPO法人サービスグラント|PV
・PVプロボノ|YouTubeチャンネル

 

photo_tani_2_240px
谷 浩明さん (合同会社MACARON)
https://www.macaron.jp.net
広報・情報学修士(MICS)。 コミュニケーション・デザイナー/杉並区広報専門監。
デザインだけでなくコミュニケーションをデザインすることを主軸とし、NPO・市民団体等、非営利組織のデザインや広報活動のサポート、広報研修を多数実施。 2016年からは杉並区広報専門監として、区全体の広報の助言、各広報媒体のディレクション、SNSの立ち上げ・運営・助言、各部署の行う広報相談、職員向けの広報研修など、行政組織が行う広報・コミュニケーション活動もサポートしている。

【これまでの主な実績】
・公益財団法人日本対がん協会|ポスター(デザイン・コピー)
・公益財団法人オイスカ|ポスター(デザイン)
・NPO法人シュアール|ロゴ/名刺/パンフレット(デザイン)
・マネーいろはプロジェクト|カルタ(企画・デザイン)
・杉並区|広報紙(企画・ディレクション)
・杉並区|動画(企画・ディレクション)

 

photo_tamura_240px
田村 勇気さん (NPO法人1/365)
http://365bunnoichi.tokyo
広告代理店で多くの映画やテレビ番組の制作に携わる傍ら、2017年に地域と共存するクリエイティブ作品を企画・制作するNPO法人、1/365を創設。エンタテインメントのアプローチで、街の付加価値を高める作品プロデュースを行う。

地域密着型作品として、映画『阪急電車 片道15分の奇跡』、壁画作品『A DAY IN THE LIFE SHIBUYA』、『なかめエンノシターズ』をプロデュース。『A DAY〜』は全長200mの壁画を通行人が動画投稿し、わずか3日で540万回以上再生され話題となった。

【これまでの主な実績】
・阪急電車 片道15分の奇跡
・A DAY IN THE LIFE SHIBUYA
・なかめエンノシターズ

 

Facebookイベントページもあります!
https://www.facebook.com/events/413075055914164/
※Facebookの「参加する」ボタンではお申し込みになりませんのでご注意ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はやしだ まさひろ
林田 全弘

2006年からNPOの広報物デザインを開始。
これまでNPOや中間支援組織のパンフレットやロゴ、チラシなど、延べ60団体160件以上の広報物を手がけてきました。

メールマガジン登録はこちら
中間支援組織の皆さんへ

このサイトの広告収入は全て寄付します。
「寄付リエイト」という新しい試みについてはこちら
広告企業一覧


このサイトの広告収入は全て寄付します。
「寄付リエイト」という新しい試みについてはこちら
広告企業一覧