すぐに、安価に、時間をかけず実践できる「デザインのネタ帳」をつくります。

NPOが広報物のターゲットを考える時に自問したい4つの問い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
151202_1image630x360

「ターゲットは誰ですか?」
「ターゲットは老若男女全員です。全日本人です。」

NPOや市民団体での広報物の打ち合わせではよくあるやりとりです。

ターゲットという言葉に対する誤解、
問いかけ方の問題、両方あると思います。

ターゲットと言っても、決して対象を限定するわけではありません。大切なのは、重み付けであり、まずは狙いをどこに定めるか、ということ。

全員に体験してほしい、たくさんの人に向けて伝えたい。
その気持ちはとてもわかりますし、とても大事なことだと思います。でも、そうする前に、まずは誰から狙いを定めていくか?
時間も資源も限られたなかで、優先順位を決めて狙いをつけてハートを撃ち抜いていきましょう。

例えばラブレターを書くとして、
「みんなのことが大好きです。なので付き合ってください」
と書いてもうまくいかないですよね?

みんなに向けた事業・サービスなんて、誰にも響きません。
せめて、
1)無知・無関心層
2)関心があり・検討中
3)既にやっている・困っている最中
このうちのどれかから、絞っていきませんか?

例えば、こんな問いかけを、自問してみてはどうでしょうか。
「ひとまず、最初のターゲットは上記3つのうち、どのあたりで考えていますか?」
「このサービスを利用して、どんな人が120%幸せになると思いますか?」
「このサービスを“待ってました!”と喜んでくれるような人は、具体的にどんな人ですか?」
「例えば、身近な人で誰が思い浮かびますか?」

いかがでしょう?

日々、NPOで活動していて、あるいはNPOを支援する立場として、
ターゲットを考える上でこんなことを考えている、
あるいは、こんな切り口で発想している、
そんな例はありませんか?
もしあれば、ぜひ教えて下さい。

(写真提供:ペイレスイメージズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

はやしだ まさひろ
林田 全弘

2007年からNPOの広報物デザインを開始。
これまでNPOや中間支援組織のパンフレットやロゴ、チラシなど、延べ40団体100件以上の広報物を手がけてきました。

メールマガジン登録はこちら
中間支援組織の皆さんへ

このサイトの広告収入は全て寄付します。
「寄付リエイト」という新しい試みについてはこちら
広告企業一覧


このサイトの広告収入は全て寄付します。
「寄付リエイト」という新しい試みについてはこちら
広告企業一覧